助成金・貸付金のご案内

当校の通信コースを受講の際、各種助成金、貸付金が御利用できます。

一般教育訓練給付

一般教育訓練給付とは

働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

​一定の条件を満たす雇用保険の被保険者(在職者)又は被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する一般教育訓練を受講した場合、本人自らが教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に相当する額(上限あり)をハローワーク(公共職業安定所)から支給します。​​

厚生労働大臣指定講座になりますので、一定の条件を満たしているか、

ハローワークに確認して下さい。

支給額はどのくらい?

​?

一般教育訓練を受けて修了した場合、その受講の為に受講者本人が指定教育訓練実施者に対して支払った教育訓練経費の20%に相当する額をハローワークより支給します。

​ただし、その20%に相当する額が、10万円を超える場合の支給額は10万円とし、4千円を超えない場合は教育訓練給付金は支給されません。

※他に、特定一般教育訓練給付もあります。

※詳しくは最寄りのハローワークにお問合せください。

苫小牧市介護職員

育成支援事業助成金

苫小牧市民の助成金

苫小牧市に所在する介護サービス事業所等で一定期間以上就業している者であり、かつ研修受講を通して技能の向上を図った者に対して、研修受講に要した費用の一部を助成することで、介護人材の技能の向上と事業所等への定着の促進を図ることを目的とする。

いくら助成してもらえるの?

自己負担した額の最大50%です。ただし、上限5万円です。

​例)8万円の自己負担をした場合、4万円を助成します。

※詳しくは苫小牧市介護福祉課にお問合せください。

実務者研修受講資金貸付事業

実務者研修受講資金貸付事業とは

介護の仕事に関して3年以上の実務経験をお持ちの方は、実務者研修を受講することで、介護福祉士国家試験の受験資格を取得することができます。その、実務者研修を受講する皆様をサポートし、介護福祉士の国家資格取得を促す為、介護福祉士実務者研修受講資金貸付事業があります。

★実務者研修の受講費用や参考図書、介護福祉士試験受験手数料等の費用について、最大20万円をお貸しします。

★介護福祉士の資格取得後、2年間介護の業務に従事することで、貸付金の返還が全額免除されます。

貸付金について

  • お申込みには、連帯保証人が必要です。

 

  • 貸付金のお申込み後、貸付審査、書類のやり取り等があり早くても1ヵ月以上の時間を要します。​(お申込み後、すぐに入金にはなりませんのでご注意して下さい)

​☆申請に必要な書類☆

お申込み時

  • 貸付申請書

  • 推薦状(勤務先又は当校)

  • 住民票(本人・連帯保証人)

  • 前年度の源泉徴収票(本人・連帯保証人)

  • 債務明細書(本人・連帯保証人)

  • ​戸籍謄本の原本(未成年のみ)

貸付決定後

  • 借用書

  • 印鑑登録証明書(本人・連帯保証人)

  • ​送金先口座振込指定書

※ご注意※

  • 貸付には、審査、人数枠がございます。

  • R3年度の貸付事業のお申込みは終了しました。

​ 

リンギング電話

※詳しくは社会福祉法人 北海道社会福祉協議会 

 生活支援課にお問合せください。